キャットフードの種類 



  ドライフード  

  水分10%程度以下固形のフード。いわゆるカリカリ。
  成分は主に穀物。栄養バランスが取れた完全栄養食。
     

 
  プレミアムタイプ  

主に動物病院などで扱われる。
目的別の成分が調整されているもの。



  レギュラータイプ 

一般的に売られている普通のカリカリ。
  目的別の成分調整はしてないけど総合栄養食。
          
          

   セミモイストタイプ  

水分25〜35%前後のやわらかいタイプ
  成分は主に魚肉。幼猫の離乳食向きだが
カリカリよりも栄養価は低い。
 


  ウェットフード  

   水分75%前後。缶詰や
レトルトパウチなどで売られている。
     肉をペーストにした物や、魚のフレークなどが多い。