D. K.





キャスト



長男・一郎
(SHELL)
長女・靖子
(MYU)

次男・桃太
(MOMO)

その他 劇団ひまわり

第1話

それじゃ、ママは出かけてくるからね。
あんたたち、もう大きいんだから3人でちゃんとお留守番するのよ。
ご飯のしたくは靖子にお願いね。火の元だけは注意するのよ。
桃太はお兄ちゃんとお姉ちゃんの言う事をよく聞いて、いたずらなんかしちゃだめよっ!
一郎、じゃあ、あとは頼んだわよ。それじゃ、いってきま〜すっ!!
(桃太)
あーあ、行っちゃった。
なんか、つまんないなぁ〜。

ママはしあさってまで帰ってこないんでしょ?

(靖子
あら桃ちゃん、もう淋しくなっちゃったの?
だめねぇ、男の子なのに。
さぁ、夕飯の仕度をするから手伝って
ちょうだい。

(桃太)ええ〜、僕も手伝うの〜?

(一郎)
そうだよ桃太、お前ママがいるときは甘えてばっかりだからな。さ、早く靖子と一緒にキッチンに行きな。

(桃太)
ええ〜、兄ちゃんは手伝わなくていいの〜?
そんな怖い顔して脅かしちゃってさ、ずるい〜っ!!
(靖子)
早いとこやんないと、桃ちゃん夕飯なしよ。
さてと、今日のメニューは、大根炒めね♪
(桃太)

なんで大根なんだよ〜っ!僕が嫌いなの知ってるくせに!!

(靖子)

桃ちゃん、これは試練なのよ。
あなたが何でも食べられるようになって、大きくなるようにお姉ちゃんは考えたんだから。

あ、桃ちゃん、フライパンに火をつけてちょうだい。
(桃太)

や〜だねっ!
大根食べたって大きくなんかなんないもん!
僕はマックが食べたいよ〜。
大根なんて大嫌だもんっ!!

(一郎)桃太っ!姉ちゃんの言う事聞けっ!!

(桃太)
わ、わかったから兄ちゃん、お願いだから急に来ないでよ。
僕、心臓止まっちゃうよ。
フライパンに火をつければいいんだね。はいはいはい。

(桃太)
・・・?
あれ?大根が・・・。







(靖子)
あ、だめよ桃ちゃん!嫌いだからって隠したわね!

(桃太)
ち、違うよ!僕じゃないよ!
僕知らないってばっ!
(一郎)
お前も強情だな!
よし、今晩はお前は夕飯抜きだ!

部屋に帰って勉強でもしてろ!
(桃太)
えぇ〜!違うってば〜!!
本当に僕知らないんだってば〜っ!!

バタン!

(桃太)
あ〜あ。
僕が一体なに悪いことしたんだよ〜!
ママが帰ったら絶対に言いつけてやるからなっ!!

それにしても、お腹すいたなぁ〜。マック食べたいなぁ〜。

ガサッ

(桃太)あれ?今なんか変な音がした・・・?

ガサガサッ!

(桃太)
うわぁ!何?ネズミ?
僕はネズミは苦手なんだよぉ〜っ!!
どうしよう・・・兄ちゃん呼んできちゃおうかなぁ〜。

すたたたたたっ!

(桃太)

何だ今のっ!

すたたたたたたっ!
(桃太)え?まさか!!

すたたたたたたっ!

すたっ!

(桃太)うわぁ〜っ!!!ダイ・・・コン?

つづく

←TOP 進む→