極道の妻たち 第六章




キャスト




二階堂耕作
浜田組二代目組長。
(SHELL)


二階堂靖子
浜田組前組長の娘。
二階堂耕作の妻。
(MYU)

桃田俊也
耕作を心から慕う耕作の部下。
密かに靖子に恋心を抱いている。
(MOMO)

その他 劇団ひまわり























前回までのあらすじ



浜田組組長二階堂は、対立する山本組の組長に撃たれ、帰らぬ人となってしまう。
桃田と靖子が悲しみに暮れる中、二階堂から助っ人を頼まれた殺し屋がイタリアからやってきた。
浜田組の次期組長を公表する幹部会を目前にして、桃田と靖子は
山本組組長の暗殺をマイケルに依頼したのだった。











 
極道の妻たち


第六章 暗殺













とあるマンションの一室










(レイコ)パパぁ〜、あたし、もっと大きなマンションがほしいなぁ〜。
(山本)
わがままだなぁ、レイコは。
この間ベンツを買ってやったばっかりじゃないか
(レイコ)
あら、そんなイジワルいってると、あたしすぐ奥さんにいいつけちゃうわよ。
あたしたちのカ・ン・ケ・イ!ふふっ・・・。
ピンポーン♪
(レイコ)あら?誰かしら?
宅急便どぇーす!
(レイコ)あら、誰からの贈り物かしら。はぁ〜い!
↑レイコ


ガチャッ
(マイケル)
・・・というのは、うっそで〜す!
ネエちゃん、このパンツのゴムひも買うてやってんかぁ〜!
今買わなければ、お前の身にたたりがあるぞ
っ。
オラ、山神様のお告げでここに来ただっ!
買ってくれるまでオラ、ここ一歩も動けねぇだっ。
あぁ、おそろしや〜、おそろしや〜!!
(レイコ)
きゃ〜、やっだぁ〜!!
パパちょっと来て!なんか変な押し売りみたい!
(山本)
押し売りか・・・。
運の悪い押し売りだなぁ。
二度と来られないようにしてやろう。

野郎っ!
ここをどこだと思ってるんじゃあ!!
(マイケル)
はっ!こちら消防局ですが、消火器の点検に参りました。
あれ?おめぇ、田吾作でねえか?
ひさしぶりだのぅ〜、オラだよ、長十郎だべさっ!!
(山本)
てめぇ、頭おかしいんか?
耳の穴よくかっぽじって聞けよ。
俺はな、泣く子も黙る山本組の組長よっ!!
(マイケル)うひゃ〜!ガクガクガク・・・あの山本組の?
(ニヤッ)
バキューン!!
バキューン!!
バキューン!!
スタタタタタタ・・・
(レイコ)きゃぁぁ〜!!パパ!!
(熊田)み、見事だ・・・。 
浜田組
(桃田)
それにしても・・・・。
組長が殺られたっていうのに、姐さんはあれから悲しい顔一つ見せずに・・・。
なにか思いつめたようなものを感じるのは気のせいだろうか?
姐さん、一体何を考えているんです・・・?

(靖子)桃田いるかい?
(桃田)は、はい!
(靖子)
いよいよ今日は幹部会だ。
マイケルからの連絡は・・・まだ入ってないようだね。
山本も用心深い奴だ。さすがのマイケルでも無理だったんだろうか・・・。
(桃田)
俺は、はなからアテにしてねぇから大丈夫ですよ。
マイケルを信用してねぇって訳じゃないですが、そう世の中は甘くねぇって事くらい俺にもわかりますからね。
バタバタバタバタ
(熊田)兄貴ぃ〜!!
マイケルがやりましたぜっ!!
(桃田)
なにっ?本当か!!

確かなんだろうな?
(熊田)
間違いありません!
確かに山本の頭に3発。あれじゃあ、おそらく即死でしょうっ!!
あんなにキレイな殺しは見たことがねぇ。
奴は本当のプロですよ。

マイケルはそのまま空港へ向かいましたっ!
おっけ〜
(桃田)
そうか、マイケルが・・・。
本当に本当に本当に山本を殺ったに間違いないんだな!!

・・・ひとこと礼を言いたかったぜ。

(靖子)
桃田、お前の顔はそんな風に思っているようには見えないんだけどね・・・。

マイケルが山本を・・・きっと耕作が見守ってくれてるんだ。
でも、まだ油断は禁物だよ。
今日の幹部会が無事に終わるまではね・・・。

山本があっけなく葬られ、あとは組長就任の公表を待つばかりとなったが、
なぜか陰りのある靖子の横顔に、桃田は不安を隠しきれないでいた。
第六章 暗殺


タイトル
←戻る 進む→